〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25 お問い合わせ:045-804-0237

コラム 精密板金における溶接の種類について

吾妻工業では精密板金加工における溶接は「アルゴンガス溶接」と「スポット溶接」という2種類の溶接方法を用途によって使い分けています。このコラムでは、その2つの溶接方法の説明を行います。

アルゴンガス溶接機

タレパンで加工した際に、どうしても出てしまう切アルゴンガスで溶接したい素材を溶かすことによって、溶けた部分同士が接着されます。 辺と辺を溶接する時の様に、比較的溶接する範囲が大きな時に使用します。 吾妻工業では、アルミと鉄の溶接に使用しています。

スポット溶接

プラスとマイナスの電極を溶接したい部分の上下から押し付ける事によって溶接を行います。
吾妻工業では、鉄の溶接を行う際に使用しています。

執筆者:工場長 斎藤 賢一
ものづくり一筋30年。趣味はママチャリサイクリングで境川のサイクリングロードを藤沢から大和まで走るのが日々の日課。機械彫刻が専門で機械彫刻の母型は全て工場長の手作り、職人技が光ります。