〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25 お問い合わせ:045-804-0237

コラム 機械彫刻機の仕組み

機械彫刻では、母型というものを使用することによって文字などを掘っていきます。
母型は、実際に掘る文字や図形よりも何倍も大きなモノを用意します。機械彫刻機に大きな母型と文字等を実際に掘るプレートをセットします。パンタグラフ(拡大・縮小器)という機構を利用し、大きな母型をなぞることによって実際に文字等を掘るプレートの上にあるカッターが母型よりも何分の一かの大きさで動きます。母型を大きく作る意味がここにあり、実際掘る文字よりも大きく母型を作ることによって、形を正確に誤差を少なく掘ることが可能です。縮尺の大きさはパンタグラフ(拡大・縮小器)のメモリを変更することによって調整することが可能です。

執筆者:工場長 齋藤 賢一