〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25 お問い合わせ:045-804-0237

コラム ねじ穴加工の種類について

ねじ穴の加工方法は用途によって様々な種類があります。今回のコラムでは、その加工方法の中から代表的なものをいくつかご紹介いたします。

皿ねじ用のテーパー加工

皿ねじ用のねじ穴を空ける際に、ねじ穴を開けた素材面からねじ頭が出っ張らないように(同じ高さになるように)皿ねじと同じ形に加工する穴あけを皿揉といいます。通常ボール盤でひとつひとつ穴あけするのですが、これをタレットパンチプレスで穴あけを行うと、 スピードも早く、綺麗に、一定の品質で行う事ができます。

バーリング加工

薄い板にねじ穴を開ける際に、裏に出っ張らせ厚みをつくり、ねじ山を多く切れるように加工する方法があります。ねじ山の数を多くすることによって、ねじがきちんと固定されます。板を出っ張らせる加工はタレットパンチプレスによって、その後、ねじ山をタッピングマシンによって切ります。

執筆者:営業課長 高橋修三