シルクスクリーン印刷について

〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25
TEL

シルクスクリーン印刷について

シルクスクリーン印刷とは、その名の通り絹の布を使用し、布の網目のすき間からインクをヘラなどでこすることで、印刷物にインクを乗せる印刷の仕方の事を言います。現在では、絹ではなくインクの通りがよいようにと開発されたテトロンやナイロンなどの専用の化学繊維で織られた布を使用します。

シルクスクリーン印刷の特徴はひとつに 使用できるインクの種類が大変豊富で、 印刷する材質を多種多様なものから選ぶことができる 、ということが挙げられます。アルミなどの金属面などの他、木材などにも簡単に印刷をすることが出来ます。神社などに飾られている絵馬などもシルクスクリーン印刷が使われています。印刷面に対してインクを厚く塗布する為、 鮮明な発色が得られ、 隠蔽力が抜群であるということや、対候性に優れている、印刷圧が弱いので 壊れやすい物にも印刷できる 、などといった特徴があります。

また、スクリーンの厚みを厚くすることで、印刷の厚みを更に厚くすることも可能です。更には、スクリーンの目を細かくすることによって細かな図柄を印刷する事もできます。シルクスクリーン印刷は、adobe社のソフトウェアである「イラストレーター」等の画像処理ソフトで作成した画像ファイルを使用することで、より細かなデザインや自由なデザインが可能です。

印刷物によって、耐久性やコストを考えた上で最適なインクを使用しています。熱に弱いアクリルなどの素材以外は、印刷後に焼付け処理を行い、印刷面の耐久性を増す処理を行っています。

このように様々な長所があるスクリーン印刷は、現在の工業分野で、お客様のニーズが大変高まっております。

当社では、主に、下記の写真のように精密板金で加工した各種計器などの表面への印刷を行わせて頂いておりますが、上記のとおり様々な材質のものに印刷が可能ですので「こんなものに印刷できるかな?」とお悩みの方は是非一度お問い合わせください。

シルク印刷の仕組み