シルクスクリーン印刷の加工の流れ|吾妻工業株式会社

〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25
TEL

シルクスクリーン印刷の加工の流れ

シルクスクリーン印刷 共通の加工の流れ

お打ち合わせ

図面データ(紙、PDF、イラストレータデータ、CADデータ)を頂き、どんな素材に印刷するかを打ち合わせします。

お見積り

コスト管理を考え、お客様のニーズに合わせた製品の品質とコストのバランスを考え、彫最適なお見積りを致します。

版下作成と校正

・使う色ごとに版下のデザインデータを作成します。版下データは使う色の数だけ作ります。
・版下データが出来上がったらお客様に確認、校正をしていただきます。
・版下作成の際にそれぞれの班の色を決めます。(色は、DICカラーガイド等で指定します。)

フィルムの作成

・決定した版下データを元に、シルクスクリーン用のフィルムを作成します。
・フィルムは、色ごとに作成していきます。

製版

フィルムが出来上がったら製版作業となります。

印刷

・製版作業で出来上がったシルク版を使い、素材ごとに最適なインクを選択し、印刷を行います。(選択するインクの種類で密着度や耐久性が変わってきます)
・塗装面の上からも、シルク印刷は可能です。

焼き付け塗装

アルミやステンレスなど、焼き付け塗装ができる素材の場合は、焼き付け塗装を行い、素材と塗料を更に密着させ耐久性を高めます。

検査・梱包・納品

梱包の際に、印刷の仕上がり具合を自分たちの目で再度チェックして、お客様の元へお届けいたします。

シルクスクリーン印刷の製品ごとの加工の流れ

シルクスクリーン印刷について具体的な製品を例にして加工の流れをご紹介いたします。