機械彫刻の加工の流れ|吾妻工業株式会社

〒245-0023 神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-9-25
TEL

機械彫刻の加工の流れ

機械彫刻 共通の加工の流れ

お打ち合わせ

製造する製品の設計図を頂き、打ち合わせを行います。その際に、その製品に適した素材などのご相談にも乗らせて頂きます。厚みがあるものは、機械彫刻、板の様に厚みがないものはコンピュータ彫刻というように、お客さの作りたいものによって、彫刻の種類も変更します。

お見積り

コスト管理を考え、お客様のニーズに合わせた製品の品質とコストのバランスを考え、彫刻の種類や手法を提案し最適なお見積りを致します。

試作

必要に応じて、試作を作らせていただきます。

製造

【機械彫刻を行う素材の準備】
・機械彫刻を行う素材を用意します。

【コンピュータ彫刻の場合の流れ】
・彫刻の図面データをコンピュータ彫刻の専用ソフトで作成します。
・図面データを作成する際は字数と文字の横幅をバランスよく配置します。
・正確にカットしたプレートをコンピュータ彫刻機にセットします。
・コンピュータ彫刻機で文字等を削ります。

【機械彫刻の場合の流れ】
・削りたい文字の母型を用意します。
・母型が無い場合は新たに制作いたします。
・彫刻を行いたい素材を機械彫刻機にセットします。(機械彫刻の場合は立体的なものや厚みのあるものにも彫刻が可能です。)
・熟練の職人が機械彫刻機で彫刻を行います。

【色の充填】
・機械彫刻を行った溝の中に専用のインクを充填します。
・インクを綺麗にふき取り仕上げを行います。

検査・梱包・納品

梱包の際に、加工やインク充填の仕上がり具合を自分たちの目で再度チェックして、お客様の元へお届けいたします。

機械彫刻の製品ごとの加工の流れ

 機械彫刻加工について具体的な製品を例にして加工の流れをご紹介いたします。